中国ミシンセンター|鳥取店 倉吉店 米子店 - ミシン修理ブログ -

中国ミシンセンターの日頃のミシンの修理を紹介いたします (^ω^)

Top Page > JUKI

カテゴリ:JUKI の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジューキ HZL-9900

 こんにちは!温かくなりましたね。お店の近くも桜が満開です!ビールとか飲みたくなりますね!

 JUKIミシン、HZL-9900の修理を紹介します。症状は「針が折れて全然縫えない。」です (^○^)
hzl-9900_1.jpg
 今回紹介するジューキミシンHZL-9900は1991年式です。コンピュータ式自動糸調子ミシンで生地の厚さ、送り目に対して糸が繰り出される今ではほとんどない上糸制御が特徴です。横送り機能も搭載していて一回り大きい模様や、簡単な刺しゅうまでこなす大変優秀なミシンです (o^∇^o)

hzl-9900_2.jpghzl-9900_3.jpg 画像はミシンの裏側です。中心より少し下に四角いカバーがありますね!ここを取ると下軸プーリが確認できます。
 掛かっているベルトは上軸、下軸のタイミングベルトです。下軸プーリを良く見ると割れているのが確認できます。割れて隙間が空いているのでタイミングベルトが乗り上げてしまいますね。
 下軸プーリの割れでタイミングがずれてしまったのが今回の原因です。 (*^▽^*)


hzl-9900_4.jpg 最初に分解して掃除をします。下軸プーリは鉄の周りにプラスチックを溶かしこんだ構造で、気温による膨張率の違いとプラスチックの硬化で年数が経つと割れてしまいます。
 中古などで購入を考えられている方は最初に交換されているか確認しましょう \(^▽^)/





hzl-9900_5.jpghzl-9900_6.jpghzl-9900_7.jpghzl-9900_9.jpg

 下軸プーリの交換を説明していきますね!最初は正面のメイン基盤モータを外します。メイン基板の取り外しはコネクタをすべて抜き取り、プラスネジ5本で簡単に外すことができます。モータはプラスネジ2本です。
 右の画像はモータを外した後で、奥の方に下軸プーリが見えますね!
 この時点で配線を整理しましょう。本体に固定された配線バンドを切り取って、自分が分かりやすいようにまとめておきましょう (^^)

hzl-9900_8.jpg タイミングベルトのテンショナをテンショナ取付台ごと外します。
 同時に下軸プーリからタイミングベルトを外します (=^▽^=)






hzl-9900_10.jpghzl-9900_11.jpg ハズミ車側からの画像です。ナット2個外します。これは自動糸切りのメス切り外しリンクです。ここは組み立てる時のためにナットの位置に目印を付けておきましょう (^▽^)






hzl-9900_12.jpghzl-9900_13.jpg ミシンの底からの画像です。金色の土台をごっそり外すので、ミシン本体(ダイキャスト)に直接付いているネジだけを外しましょう (=´▽`=)






hzl-9900_14.jpghzl-9900_15.jpg 送りのリンクを外します。E型スナップリングを2個で止まっています。間にバネ座金が挟まっていますので失くさないように注意しましょう (^○^)






hzl-9900_16.jpghzl-9900_17.jpghzl-9900_18.jpghzl-9900_19.jpg
 土台が外れましたね!下軸は2カ所軸受で支えられています。最初に糸切り側から分解していきますね!
 糸切りの動メス、動メス台ガイド、動メスリンク(真中の画像ドライバーの先)のE型スナップリングを外します。
 下軸の上に送り台がありますのでミシン正面から送り台バネを外して送り台を持ち上げます。
 糸切り側の軸受が確認できます。ネジを取ると下軸玉軸受板が外れます (o^-^o)

hzl-9900_20.jpghzl-9900_21.jpghzl-9900_22.jpghzl-9900_23.jpg
 反対側の軸受は横送りの軸受送り調節器を外します。送り調節器は裏側から2本のネジで固定されています ('ー')

hzl-9900_24.jpghzl-9900_25.jpghzl-9900_26.jpghzl-9900_27.jpg
 糸切り側と同じく下軸玉軸受板を外します。下軸を持ち上げて本体から離します。下軸プーリは六角ネジ2本で固定されています。軸に六角ネジの痕があると交換しにくいですので、古い下軸プーリを抜いた後はヤスリで六角ネジの痕を削ってから新しい下軸プーリを取り付けましょう (^_^)

hzl-9900_28.jpg 交換した後は回転が重くないか指で回して確認しましょう。
 組み立ての注意点はメス切り外しリンク、配線作業です。メス切り外しリンクはタイミングベルトの内側に通っています。これを忘れるとまた土台を外さないといけなくなるので大変ですよ!
 配線は他の駆動部に接触しないようにオリジナル配線に挑戦してみましょう!ただメイン基板に届かなくならないように注意は必要です (^▽^)/



hzl-9900_29.jpghzl-9900_30.jpg ある程度組み立てたらタイミングを合わせましょう。下軸プーリのタイミングは簡単です。送り歯が上がっている時は針は上、送り歯が下がっている時は針は下、針が刺さった状態で生地を送ると針折れちゃいますよね (^◇^)





hzl-9900_31.jpghzl-9900_32.jpg 釜のタイミングも調節しましょう。電源を入れて針を一番左に寄せた状態(左基線)で調節します。右の画像は釜の固定ネジで、3か所止めてあります。タイミングはハズミ車を回して針が上がる時、釜の剣先が針と重なり合う場所で針穴の上1mmに合わせて、釜の剣先と針の隙間は0.05mm~0.1mmに合わせます (^ー^* )




hzl-9900_33.jpghzl-9900_34.jpghzl-9900_35.jpg
 最後に模様のバランスを取ります。ダーニングを模様選択して縫ってみましょう。斜めになる時は、正逆送りのツマミで調節しましょう。右の画像が調節後です。きれいな四角形になりましたね!
 返し縫いや模様がここのツマミの調節で安定します (^○^)

hzl-9900_37.jpghzl-9900_36.jpg
 試縫いをして完成です。模様もとてもきれいに縫えていますね!今回は下軸プーリの交換の紹介をさせていただきました!少し難しい修理ですのでやりがいがありましたね (=^▽^=)

 では、また (^▽^)/



中国ミシンセンターHPへ
スポンサーサイト
  1. 2012/04/15(日) 20:26:47|
  2. JUKIコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ジューキ HZL-8800

 こんにちは!雪がすごいですね!雪かきで腰を痛めないように注意しましょう!

 今回の修理はJUKI、HZL-8800の修理を紹介します。症状は「縫い目が悪い。模様縫いができない。」です。
hzl-8800_1.jpg
 このJUKI、HZL-8800は1988年式です。コンピュータ式自動糸調子で生地の厚みを検出して薄物から厚物までとてもきれいな縫い目を実現したミシンです。生地の横送りを初めて採用したミシンで、アップリケ付けなどがスムースにできることと、内蔵された大きな模様縫いも魅力ですね!

hzl-8800_2.jpg 分解して掃除します (^_^)







hzl-8800_3.jpghzl-8800_4.jpg 最初に「糸目が悪い。」を治します。左の画像で糸が巻きついているのが確認できます。これは糸の送る量を測るセンサーで、ここに糸が巻き付くと上糸が強くなって生地が引っ張られる症状が出ます。糸切れを起こした上糸が巻き付いたのが原因ですね。古い綿糸、絹糸は切れやすいのでポリエステルの糸を使うことをお勧めします (^▽^)/



hzl-8800_7.jpghzl-8800_8.jpg「模様縫いができない。」の症状は針棒上のゴムが劣化してなくなっていることがよくあります。このゴムは針棒の丁度上にあって、横送りの時にフリーになった針棒をクラッチに戻す役割があります。ここのゴムがなくなるとクラッチが戻らず針棒が動かなくなります。右の画像はゴムを取り付けた時の画像です (^○^)





hzl-8800_9.jpghzl-8800_10.jpg 調整は針棒位置バネの取付ネジを緩めて高さを調節します。針棒が上支点にきた時に針棒がゴムを1mm持ち上げる所でネジを締めて固定します ヽ(^◇^*)






hzl-8800_11.jpghzl-8800_12.jpghzl-8800_13.jpg
 「模様縫いができない。」にはもう一つ原因がありました。左の画像を見ると針を右基線にすると針板に当たっているのが確認できます。模様縫いの時にすぐに針が折れるのはこれが原因です。このミシンは右基線(針の位置が一番右によっている状態)の位置をゴムに当てて規制しています。ゴムも劣化で右基線の位置が標準の位置よりも右にきているので針板に当たっているのですね。プラスネジを2本取って外します (⌒∇⌒)

hzl-8800_14.jpghzl-8800_15.jpghzl-8800_16.jpg
 まず古いゴムを取ります。ゴムの取付ステーをハンマーで左側にたおします。本体に取り付けて位置調節をします。電源を切った状態で手で針を右基線にもってきます。針を下ろすと針の落ち穴の右端に針が降りるように調節します。右に寄り過ぎるとボビンケースに針が当たることがありますので、慣れないうちはボビンケースをはめた状態で調節してみましょう (^▽^)

hzl-8800_5.jpghzl-8800_6.jpg ミシン正面の操作レバーのぐらつきも確認してみましょう。右の画像は操作レバーのカムです。操作レバーのステーにカムが黒いネジ一本で止まっています。ここが緩むと操作レバーがぐらつき、最悪固定ネジが折れてしまうことがあるので症状が確認できたら増し締めしましょう。私はネジロック(ネジ用ボンド)を使用しています。スプリングワッシャなどを使うのもお勧めです \(^▽^)/



hzl-8800_17.jpghzl-8800_18.jpg
 試縫いをして完成です。とても調子がよくなりました!模様縫いもきれいですね!これからも末長く使ってほしいですね!
 では、また (*゚▽゚)ノ


中国ミシンセンターHPへ
  1. 2012/02/03(金) 09:22:57|
  2. JUKIコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジューキ HZL-7700(ザ・ミシン)

 こんにちは!ミシンくんです!ホームページの「トラブル解決」がリニューアルしましたのでお知らせいたします!ミシンは使いたい時に使えないととても悲しいですよね!ミシンの修理の問い合わせの80パーセントは何らかの操作ミスです。初心者の方にもなるべく理解しやすいように整理してみました。少しでも役に立てればうれしいです (^○^)

トラブル解決へ go!

 今回の修理はJUKI、HZL-7700の修理を紹介します。症状は「押えを上げるレバーがぐらぐらする。」です。
hzl-7700_1.jpghzl-7700_2.jpg
 このJUKI、HZL-7700は1986年式です。特徴はコンピュータ式の自動糸調子です。生地の厚みと縫い目の長さを検出して上糸を出す量を制御しています。釜も工業用ミシンの垂直全回転釜で表も裏もまっすぐな縫い目を実現しています (*'0'*)


 左の画像は「操作レバーカム」です。上に持ち上げると押えが上がって、下に下げると糸切りをします。頻繁に使うレバーですので、壊れちゃったみたいです ´▽`



hzl-7700_3.jpg 分解して掃除をします。今回の「押えを上げるレバーがぐらぐらする。」操作レバーカムの固定しているネジがゆるんだ状態で使用していたからです。ネジの緩みはプラスチックの部品でよくあります。プラスチックは年数が経つと劣化しますし、新しい部品でも緩む事があります。逆にネジを締めすぎると割れてしまいます。「ワッシャー」と「スプリングワッシャー」を加えることで解消できるトラブルです (^▽^)/




hzl-7700_4.jpghzl-7700_5.jpghzl-7700_6.jpg
 繰出しSTM取り付け板(糸調子を制御する所)を外してテンションカバーを外します。右の画像で「操作レバーカム」が確認できます。薄い黄色のプラスチックの部品です。
 操作レバーカムのネジの取り付ける所が割れていますね (ノ´▽`)ノ

hzl-7700_7.jpghzl-7700_8.jpg 「押え棒」をプラスネジ2本緩めて抜き取ります。ここでの注意点は「押え棒」に印を付けることです。押えの高さで糸調子を制御しているので高さが変わると糸調子も変わってしまします。
 次に糸切りの駆動レバーの軸をスナップリング2個を外して抜き取ります。最後に「操作レバー」を抜き取って「操作レバーカム」を取り外します。



hzl-7700_9.jpghzl-7700_10.jpg 右の画像の下が壊れた部品で、上が新しい部品です。珍しい事にカムも割れてボルトも折れていました。
 後は逆手順で組み立てます。「操作レバーカム」のネジの長さに気を付けたうえ、必ずボルトに「ワッシャ」「スプリングワッシャ」を取り付けましょう (^▽^)




hzl-7700_11.jpghzl-7700_12.jpghzl-7700_13.jpg
 下糸を巻くときにも針が動いてしまうのは、「上軸」「上軸プーリ」の油切れです。ミシン専用油を使いましょう ('▽'*)

hzl-7700_14.jpghzl-7700_15.jpg 左の画像は「下糸巻きスイッチ」です。接触が悪くなると「下糸を巻いていると途中で止まる」「低速で下糸を巻く」などの症状がでます。プラスネジ一本で固定されています。そのまま緩めると下のナットがミシンの中に落ちてしまうのでピンセットなどでナットをつまんだ状態でネジを緩めましょう。




hzl-7700_16.jpghzl-7700_17.jpg スイッチを分解して接点を研磨します。紙ヤスリ1000番を使用しました。
 接点を磨いた後は柔らかいタオルか切れで削りカスをキレイに取り除きます。
 スイッチを操作すると微量の熱を発生します。これが接点の曇りの原因なのですね (>▽<)





hzl-7700_18.jpghzl-7700_19.jpg
 試縫いをして完成です。縫い目もキレイですね!やっぱりコンピュータ式自動糸調子はいいですね (≧▽≦)
 今回もしっかり整備させていただきました。速くお客様の喜ぶ顔が見たいです!
 では、また (*^^*)ノ


中国ミシンセンターHPへ
  1. 2011/09/24(土) 11:45:42|
  2. JUKIコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジューキ MO-766

 こんにちは!ミシンくんです!寒くなってきましたね!風邪をひかないように気を付けましょう (^○^)
 9月8日の中国ミシンセンターわくわくミシン講習会は大成功でした!来月も小物を中心に講習会を開催させていただきます。作品はホームページで紹介させてしていますのでよかったら覗いてみてくださいね!

 JUKIのロックミシンMO-766の修理依頼がありました。症状は「全く動かない。」です。
mo-766_1.jpg
 今回のジューキMO-766は、1993年式です。独自の自動糸調子の機能を持っていて、巻きロックへの変更もダイヤル一つで糸調子が切り替えできるので当時はとても人気のあったロックミシンです。作動装置(伸ばし縫い、縮ませ縫い)も付いていてニット生地を使った物作りまで可能な多機能、高性能なロックミシンです =^-^=

mo-766_2.jpg 分解して掃除をします。今回の「全く動かない。」という症状は電気系統の故障です。最初にモータとコントローラの通電を確認しましたが異状なしでした。
 原因が考えられるのが「電顕基板」「メイン基盤」「トランス」「全面カバーの安全装置」「押えの安全装置」「一針縫いボタン」「針停止位置のセンサー」に絞る込む事ができます。




mo-766_3.jpgmo-766_4.jpg ミシンの右側面のプーリを外すと「針停止位置のセンサ」が出てきます。このセンサは遮断センサと呼ばれていて、光の遮断でONとOFFを切り替えるセンサです。ホコリなどに弱い部品ですのでこのようなプーリの近くに付けられている場合は消耗品として交換しています ´▽`




mo-766_5.jpgmo-766_6.jpgmo-766_7.jpg
 「針停止位置センサ」の交換をするためには配線はモータや基板の裏に這わせてあります。モータの外し方はモータ単体を外すのではなくてモータを支えているステーごと取り外します。配線の位置を間違えると基板がショートしてしまうので前もって写真を撮っておきましょう (^_^)

 mo-766_8.jpg
 電源基板を外すと配線が出てきます。配線は何カ所もバンドで止まってますのですべて切ります。







mo-766_9.jpgmo-766_10.jpgmo-766_11.jpg
 左に写真は「一針縫いボタン」です。今回の「全く動かない。」の原因は「一針縫いボタン」のスイッチが入りっぱなしになっているからでした。押しっぱなしの状態になっているとほかの操作をしても反応しないですからね。この種類のボタン特有の症状ですね ('▽'*)
 一針縫いのボタンの付いている基板ごと交換しました。

mo-766_12.jpgmo-766_13.jpg 最後に配線を元通りに「配線バンド」で固定します。注意点は、配線は元通りの位置に納める事です。これはカバーを組み立てる時に配線が挟まったりして断線しないようにするためです (^▽^)/





mo-766_14.jpgmo-766_15.jpgmo-766_16.jpg
 メスの刃先に数カ所、欠けを確認しました。マチ針を咬ませたのが原因です。普通マチ針は縫う方向に対して垂直に刺しますが、ロックミシンにマチ針を刺す時は縫う方向に対して平行に刺すなど工夫してみましょう。
 真ん中の画像はメスを削っているところです。下メスは針板に対して平行になるように削ります。上メスは「超硬」の鉄ですのでダイアモンド入りのグラインダーを使用しましょう ('0')/

mo-766_17.jpgmo-766_18.jpg
 試縫いをして完成です。生地の左側が3本糸ロックで右側が4本糸ロックです。自動糸調子のロックミシンは楽でいいですね。縫い目もとてもきれいです。JUKIさんのこだわりが感じれるミシンでした。しっかり整備させてもらいましたので永く使ってもらいたいですね (^○^)
 では、また (^◇^)/ 




中国ミシンセンターHPへ
  1. 2011/09/21(水) 10:42:44|
  2. JUKIロックミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジューキ HZL-5500(フローラ)

 こんにちは!涼しくなってきましたね!季節の変わりめですので風邪をひかないように注意をしましょう (^▽^)/

 今回はJUKIミシンのHZL-5500の修理を紹介します!症状は「スタートボタンを押しても一針しか縫わない。」です。
hzl-5500_1.jpg
 JUKIミシンHZL-5500は1982年ごろから販売されたミシンです。特徴は工業用の垂直全回転釜で糸切り装置が付いていることです。上糸調子は模様によってランプで合わせる場所が表示されるようになっているので糸調子で困ることがないのでとても使いやすいですね!

hzl-5500_2.jpg まずは分解して掃除をします。押し入れに入れっぱなしにされていたみたいで、サビがかなり進行しているのが確認出来ました。ミシンは保管場所が重要です。なるべく湿気の少ない日の当らない場所で保管した方がいいですね!押し入れに収納する場合は2段目に収納する事をお勧めします (^_^)





hzl-5500_3.jpghzl-5500_4.jpghzl-5500_5.jpg
 一番左の画像が「スタート・ストップスイッチ」です。「スタートボタンを押しても一針しか縫わない。」の原因は、「自動糸切り作動スイッチ」が押されたままだからです。自動糸切りをした後にスイッチが解除されないと一針しか縫わなくなります。スイッチを押すステーの軸の油が切れるとこの症状が出ます。スプレー式の潤滑剤が手っ取り早いですが乾燥が早いためミシン油を使った方がいいですよ! 右の画像のように自動糸切りの操作をしていない時はスイッチが解除されます。油を注したら糸切り操作をしてみて確認しましょう (^○^)

hzl-5500_6.jpghzl-5500_7.jpg 返し縫いのレバーの戻りが悪くなっています。返し縫いレバーを押してみてジワーっと元に戻る時は、ミシンを前方に倒して軸受けに直接ミシン油を注します。倒した状態で半日くらい待つと動きは良くなります!
 右の画像のように3カ所軸受けがありますので全部油を注します (・o・)




hzl-5500_8.jpg モーターベルトの消耗も確認できました。硬化してボロボロになっていたので交換します。モーターベルトは古くなると滑って動かなくなってしまいます。消耗品ですので古いミシンを持っておられる方は交換をお勧めします。





hzl-5500_9.jpghzl-5500_10.jpghzl-5500_11.jpg
 この機種は縫い目の粗さのダイヤルの軸がまたがっていますので全面から軸の固定ネジを外して縫い目の粗さのダイヤルの軸を抜きとります。次に軸の固定金具を取り外します。軸を抜く時は慎重にゆっくりしましょう (;^_^A

hzl-5500_12.jpghzl-5500_13.jpghzl-5500_14.jpg
 中間プーリがネジ2本で止まっています。これを取り外すとベルトの交換ができます b(^o^)

hzl-5500_15.jpghzl-5500_16.jpg ベルトを外すとタイミングベルトのテンションプーリが見えますのでここにも油を注します。
 モーターベルトの張り具合は指で押して5mm(モーターと中間プーリの真ん中)で調整しています。中間プーリ上部のコグベルトに関しては張り過ぎに注意が必要で見た目少し緩いくらいに調節します。今回使ったベルトはMB380です (*´∇`*)



hzl-5500_17.jpghzl-5500_18.jpg
 試縫いをして完成です!縫い目もとてもキレイですね (o^∇^o)ノ
 ミシンの修理はとても奥深いです。全体的に修理してくれるお店や、部分的な修理をするお店もあるために修理代も違います。最初のお店選びが重要だと思います。アフターサービスをきちんとしてくれるお店を選びましょう。
 では、また (^▽^)/


中国ミシンセンターHPへ
  1. 2011/09/15(木) 10:59:36|
  2. JUKIコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジューキ HZL-E85

 こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?ミシンの調子はいかかでしょうか?

 今回はJUKIのミシンで症状が「手でハズミ車を回すとカリカリカリと音がする。」です。
DVC39.jpg
 jukiさんのミシンは、このクラスから縫い目がかなりキレイです。水平釜のミシンなのに直線は表も裏もまっすぐな縫い目なのが特徴です。
 ミシンから音が出るときは、まずどこから聞こえるかを耳を澄ませてみましょう。今回のカリカリ音はハズミ車から聞こえてきます。

DVC38.jpgDVC37.jpg まずハズミ車の中央のマイナスネジを外します。
 横から見るミシンも実に美しいですね。特に最近のミシンの丸みを帯びて角のないデザインは、かなりくすぶられます。







DVC36.jpgDVC35.jpgDVC34.jpg
 一番左の画像に丸くて黒い「クラッチのバネ受け」があります。これは針の動きを止めて下糸を巻き取るためのクラッチです。クラッチの動きが悪くて「クラッチのバネ受け」に干渉していると想像していたのですが、違いました。
 さらに分解していくとミシンの上軸のブッシュがむき出しになります。
 おおっ!ここで発見!ブッシュにクラッチバネがはまるのですが、ブッシュに着いている油が乾燥しています。乾いた油をキレイに拭き取り、ミシン油よりも少し硬めの油を着けます。

DVC33.jpgDVc32.jpg  症状が治りました。油が切れてクラッチのバネの滑りが悪くなってビビっていたのが原因でした。
 とても簡単で15分で終わりました。でもブログの更新に1時間30分かかりますので、合わせて1時間45分の作業になりました。修理をしながらブログの更新、大変ですがこれからも粘り強く頑張ります!これからも、よろしくお願いしまちゅ!
 
 


 
 

中国ミシンセンターHPへ
  1. 2011/08/02(火) 15:56:44|
  2. JUKIコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジューキ HZL-010N

 こんにちは!鳥取は今、雨が降っています。涼しくていいですね!
 先日、点検整備の依頼がありました。「最近ミシンの音がうるさくなってきた。」ということで今回の整備の中心は注油(油を差すことです)、各駆動軸がスムーズに動くように点検していきます。
DVC00012.jpg
 JUKIの刺繍ミシンで特徴は、ほとんど完全な自動上糸通しと下糸を自動供給してくれるミシンです。自動糸調子の機構もセンサーが布厚を検知して、必要な糸量を自動的に繰出す仕組みになっています。

DVC00011.jpg 針板を外してみます。あまりホコリも溜まっていないですね!どうやら定期的にお客様自身で掃除をされていたのでしょう。
 このように水平釜のミシンは針板を外して、ボビンケースを外すと簡単に掃除ができます。ここにホコリが溜まるとカタカタ音が出たりします。
 ほとんどのミシンの説明書に掃除の方法や、油の差し方など説明してあります。ある程度、自分でメンテナンスできるとミシンも長持ちします。


DVC00010.jpg さっそく全面カバーを外してみました!
 うん!なかなかのキレイさですね!さっきは掃除をご自身でされていると書いたのですが、どうもあまり使われてないからキレイだったのかもしれません。





DVC00009.jpg 後ろのカバーも外します。掃除がしやすくなりました。
左の写真は自動上糸通しの部分です。掃除ができたら、注油(ミシン油で油を差すこと)、グリスをつけていきます。一度古いグリスを布などでキレイに拭きとってから新しいグリスを塗っていきます。





DVC00007.jpgDVC00001.jpg 下糸巻きのゴムがなんとなく怪しいので外してみると
 ほらっ
 私の目から逃れることはできません。





DVC00008.jpg ミシンの斜め後ろからの眺めです。下のほうが電源の基盤でその上にはYDKの24vの小型モータがあります。小型モータでも力はあります。厚物を縫うときはモーターの力の強さも大事ですが、針棒や駆動軸の太さや強度も大事です。これだったらミシンを選ぶときに、誰でも目視して確認できますね!
 ジグザグミシンの針の左右の振りもポイントです。針棒の左右の振りの支点が上にあって振り子のような動きをするミシンと、平行に針棒が左右に移動するミシンがあります。当然、平行に動いて生地に垂直に針が刺さったほうが厚物に強いです。ロックミシンは基本的に斜めの針棒が採用されていますので、厚物や厚みが変わる部分で針が折れたりする経験をされた方も多いと思います。一社の一部のロックミシンは、まっすぐの針棒を使っていますので、標準の11番の針でほとんど折れたことがありません。← 熱くなって話がそれてしまいました。すみません。

DVC00044.jpg 急ですが、逆手順で組み上げて出来上がりです。これから試し縫いをします(*`д´)b







DVC000043.jpgDVC000042.jpg 左の画像で見てください。左側が自動下糸巻き専用ボビンです。右側が普通のボビンです。ボビンの厚みは変わらないのですが糸を巻く所の形状が違い普通のボビンのほうがいっぱい巻くことができます。ちなみに自動で下糸の量を感知して一定の下糸を保つ機能は刺しゅう機をセットしたときだけですので普通のボビンを使うことをお勧めします。
 刺繍ミシンで刺しゅうをする時は下糸の残量が見えない上、刺しゅう機をセットしたままだとボビンをなかなか取り出すことができません。その時は自動下糸巻き専用ボビンを使われた方がいいですよ(  )

DVC000041.jpg 最後に実際縫ってみましょう。掃除と注油とグリスアップで音も静かになりました。縫い目もキレイで大満足です!何年後かはわかりませんが、次はぜひ中国ミシンセンターから買ってくださいね\(^▽^)/





中国ミシンセンターHPへ
  1. 2011/07/22(金) 09:22:08|
  2. JUKIコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。