中国ミシンセンター|鳥取店 倉吉店 米子店 - ミシン修理ブログ -

中国ミシンセンターの日頃のミシンの修理を紹介いたします (^ω^)

Top Page > brother職業用ミシン

カテゴリ:brother職業用ミシン の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラザー TA3-B626(ヌーベル)+ニット糸の使い方

 こんにちは!今回のブログでは「修理内容」「ニット糸(レジロン糸)などを使ってニット生地をどのように縫うか?」の2つを紹介いたします (o^-^o)

「修理内容」

ブラザーの職業用ミシンです。「点検をしてください。」と修理依頼を受けました。
ta3-b626_1.jpg
 ブラザーの職業用ミシンで1987年式のヌーベルです。直線専用ミシンなので押えの幅も狭くカーブ縫いがとても快適です。ブラザーヌーベルは服飾の専門学校などの教育施設でよく使われているミシンです。現行機種で形は少し変わってますがロングセラーで大変人気のある職業用ミシンです (^▽^)/

ta3-b626_2.jpgta3-b626_3.jpg
 今回のミシンは年式が古かったのでサビ取りに力を入れました。糸の通り道のサビは、糸を汚してしまうので見た目が悪くなってしまいます。
 たまに油を注す事も大事ですが、ミシンは保管する場所次第でサビを予防することができます。
 湿気の溜まりやすい押し入れの下段や窓の近くは避けて、直射日光の当たらない風通しの良い所に保管しましょう (^○^)








「ニット生地に対しての糸の選び方について」

ta3-b626_4.jpg ここからニット生地に対しての糸の組み合わせを説明をしていきます。
 「ポリエステル」「レジロン」「ウーリー」の糸を準備してみました。一般的に職業でニット生地に使用する糸は「レジロン」です。
 でも家庭用ミシンで使用する糸を「レジロン」にすると上糸が切れやすいですし、目飛びも起こることがあります。ニット用の針にしてもなかなか症状は改善できません。天秤が上に上がると糸は伸ばされて、天秤が下がると糸は元の長さに縮みます。天秤が下がる時に糸がたるまないと釜が上糸をすくうことができないのです。


ta3-b626_5.jpgta3-b626_6.jpg
 最初に上糸、下糸を「ポリエステル」で縫ってみました。縫い目はキレイですね!
16cm → 19cm
 およそ3cm生地を伸ばすと糸が切れてしました (ノ´▽`)ノ


ta3-b626_7.jpg
 次は上糸、下糸に「レジロン」を使いました。
16cm → 23cm
7cm伸びに耐えました。上糸で使うと切れやすい糸ですので職業用ミシンでも少しスピードを落として縫わなければいけません (*´∇`*)


ta3-b626_8.jpg
 上糸「ポリエステル」、下糸「レジロン」で縫ってみました。
16cm → 21cm
5cm伸びに耐えました。縫い目も安定していて表も裏もキレイに縫えています \(^▽^)/



ta3-b626_10.jpgta3-b626_11.jpgta3-b626_12.jpg
上糸「ポリエステル」、下糸「ウーリー」です。
16cm → 21cm
5cmで糸が切れました。ただ「ウーリー」を下糸に使うと裏からの見た目が悪いですね (・O・。)
 



 結果的に上糸「ポリエステル」、下糸「レジロン」が一番楽です。上糸が「ポリエステル」ですので糸調子はそのままで針も普通の針で縫うことができます。下糸をレジロンに入れ替えるだけなので誰にでもできますね!もちろん家庭用ミシンの水平釜、垂直釜なんでもこの方法が使えます。 注意点は「レジロン」は「ポリエステル」より色の種類が少ないので「レジロン」の糸に色を合わせるようにしましょう。
 今回はニット生地に対しての糸の選び方を紹介させていただきました (^O^)

 では、また (^-^)ノ゙

中国ミシンセンターHPへ
スポンサーサイト
  1. 2011/09/22(木) 11:20:17|
  2. brother職業用ミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。