FC2ブログ

中国ミシンセンター|鳥取店 倉吉店 米子店 - ミシン修理ブログ -

中国ミシンセンターの日頃のミシンの修理を紹介いたします (^ω^)

Top Page > スポンサー広告 > ミツビシ MITSUBISHI TA1その他ミシン > 三菱ミシン > ミツビシ MITSUBISHI TA1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミツビシ MITSUBISHI TA1

 こんにちは!中国ミシンセンターの講習会が9月から再開する事が決定しました!またお客様と和気あいあいと物作りが出来る事は何よりもうれしいですね!若い方から年配の方までいらっしゃるので、本当に楽しいんですよ!

 三菱ミシンの職業用ミシンTA1の修理依頼がありました。症状は「プーリーが硬くて全く動かない。」です。
mitsubishi-ta1.jpg
 この職業用ミシンは足踏みです。おそらく40年位前のミシンだと思われます。まるで鉄の塊ですね!MITSUBISHIのミシンは現在、家庭用ミシンは作っていませんが工業用ミシンの世界は今でも指折りのメーカーです。MITSUBISIの職業用の黒いミシン最高にかっこいいですね!メンテナンスさえキチンとすればかなり長く使うことができますよ!
 職業用の足踏みミシンは軽さが大事です。家庭用足踏みミシンよりもすべてのパーツが大きくて重たいので、わずかな油切れや軸のずれで足踏みできなくなります。

mitsubishi-ta2.jpg 分解して掃除をします。ミシンの掃除はとても大事です。生地や糸のホコリをそのままにすると時期によっては湿気を含み、サビの原因になります。注油(油を注すこと)をする時もホコリを取った後にしましょう!
 今回の故障の原因は釜のサビ付き、全体的に油が切れている事です。

 油を注さないと動かなくなる事がありますので気を付けましょうね!


mitsubishi-ta3.jpgmitsubishi-ta4.jpg まずは釜の修理から向かいます。職業用の釜は垂直全回転釜で、外釜、中釜があって外釜は下軸の回転運動が伝わって回転します。中釜は、外釜の内側に組み込まれていて「中釜押え」という金具で回転を抑えています。
 
 釜の取り外しは「中釜押え」を最初に取り外します。このミシンの場合は一本のマイナスネジで簡単に取り外すことができます。


mitsubishi-ta5.jpgmitsubishi-ta6.jpg 「中釜押え」を取り外したら次は、釜の固定ネジを外します。この固定ネジを緩めると釜が外れます。
 中釜が全く回りません (”ロ”;)ゲゲッ!!





mitsubishi-ta7.jpgmitsubishi-ta8.jpgmitsubishi-ta9.jpg
 外釜のカバーを外すと中釜が外れます。今回はサビがひどかったのでワイヤーブラシと紙やすり1000番で磨きます。鉄粉などが残るとスムーズに動かないので洗剤を使って洗って組み上げます。釜の普段のメンテナンスは外釜と中釜の間に一滴油を注します。
 釜が回らなくなる症状は今回は使わずに錆びていたのですが、使っている最中で動かなくなる事がよく見られます。釜の間に糸か折れた針が挟まってしまうのです。この場合はプーリーを逆に回して挟まった物を取り除けば治ります。

mitsubishi-ta10.jpgmitsubishi-ta11.jpg 釜の修理が終わったら組み立てです。写真では見にくいですが、釜のタイミング調整を取る位置は、針が上がる時に丁度釜の剣先が針に重なる所で調整します。
 前後の位置は釜の剣先と針の隙間を0.02mm~0.1mmで調節します。釜の回転のタイミングは針穴から上1.2mm~1.5mmで調節します。釜の調整はすごく大事で少しのずれで目飛びや針が折れたりする原因になりますので慎重に調整しましょう。



mitsubishi-ta12.jpgmitsubishi-ta13.jpg この種類の職業用ミシンは、上軸と下軸の駆動の伝達に縦軸を使っています。比較的縦軸は油が切れやすく回転が重くなる原因になります。軸の支えが2か所ありますので、ここには必ず油を注す事をお勧めします。
 上軸、下軸、縦軸すべて鉄のべベルギアを使用しています。ギアには必ず遊びがありますので、釜、プーリー、針棒を手で軽く揺さぶるとギアの遊びが確認できて、どこの回転が重いかすぐに発見できます。足踏みミシンの職業用は軽く動かないとかなりきついので確認してみてください。

mitsubishi-ta14.jpgmitsubishi-ta15.jpg 最後に試縫いをして完成です!やっぱり直線専用ミシンの縫い目はとてもキレイですね!昔、縫うことが好きだったお客様なので、これから趣味で使われるのでしょうか?約40年経っているミシンですがしっかり整備をさせて頂きました!これからも永く使ってくださいね!






中国ミシンセンターHPへ
スポンサーサイト
  1. 2011/08/18(木) 15:18:53|
  2. 三菱ミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<シンガー SRE1410 | ホーム | パフ PFAFF select4.0(セレクト4.0)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/12/07(土) 23:48:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 家庭用・職業用・工業用足踏みミシンの外見の違いについて教えてください。

コメントありがとうございます。
革は2枚~3枚重ねでしたら家庭用ミシンで縫えます。

<条件>
・針・・・・HA × 1LL 16番(革用)又は、HA × 1 18番
・糸・・・・30番
・ミシンの押え・・・テフロン押え(スムース押え)
<20番の糸を使用する時>
・針板の点検・・・キズ凹みがないか確認
・針板の穴が対応しているか確認・・・20番の糸、厚物用ミシン針に交換した後に上糸を掛けて、針穴で糸に強い摩擦が掛からないか確認。

縫い目を確認すると生地の裏の糸が突っ張っていると思います。ボビンケースの糸調子を半回転方から一回転緩めて、上糸調子を徐々に締めていきます。
上糸調子を少しずつ締めていくと、裏の突っ張った糸が落ち着いていきます。
20番の糸を使われたい時はさらに上糸調子を締めこんでいくと縫い目が落ち着きます。

足踏みミシンの革ベルトは滑りやすいです。短く切ってベルトを締めると回転が重たくなり踏めなくなります。
基本は手回しになると思います。

革用の接着剤を使った上で縫製すると、釜や針、糸に接着剤が付くと目飛び、糸切れなどさまざまな症状が出てきます。糸掛けの途中でシリコンオイルに糸をくぐらせると解消できるでしょう。シリコンオイルはミシン糸専用の物を使用して、シリコンオイルを染み込ませるのはシリコンタンク(直接染み込ませるタイプ)を使うと良いでしょう。

革漉き機はせめてほしいところですが、以上が革を縫うための条件です。
革専用の工業用ミシンでない限り、職業用ミシン、工業用ミシン、家庭用ミシン、どれも縫いにくさは変わらないです。

<革製品を作るための機械の優先順位>
①革漉き機・・・革の厚みを考慮しないと、正しい工程での作品作りが難しくなり、出来上がりの形にも影響する。
②工業用腕ミシン(革用)・・・立体的な物が作りやすい。
③工業用平ベッドミシン(革用)・・・直線が縫いやすい。
④八方ミシン・・・作品の修理用。縫い目はあまりきれいではない。

①、②の2つがあれば大概の作品は作れます。またご質問がありましたらお気軽にご相談ください (^○^)

中国ミシンセンター鳥取店
技術


> 長文、突然のお尋ね失礼します。
> 現在、職業用(または工業用)の足踏みミシンを探していまして、色々なサイトを見ていたら、こちらのブログを見つけ、特にこちらの記事を読んで大変勉強になりました。
> ミシンは家庭用ミシンしか使用経験がありませんが、厚物生地(帆布や革)を使ってこれから色々作ってみたいと思っていたところ、最近家庭用の足踏みミシンを譲ってもらいました。昔の足踏みミシンは家庭用でも現在のものよりはパワーがあると聞いていましたので、厚めの革を縫ってみましたが、16号針や革用の針を使っても手こずってしまいました。(説明書がないため、私の使い方の問題があるのかもしれませんが。)ですが、普通地を縫った時の縫い目の綺麗さから、これからも足踏みミシンを使えればと思っています。
> 職業用(工業用)足踏みミシンを探しているのはこういう理由で、最近色々なミシン屋さんやオークションのサイトを見ているのですが、家庭用か職業用(工業用)か明記していなかったり、型番が載っていないので調べられない場合があります。お店に問い合わせるのが一番良いとは思いますが、本体の外見の見た目に違いがあるなら、そこで区別できるようになれたらうれしいです。職業用(工業用)には糸調子?があるな、とは見比べて分かりました。ミシンに関してはまだまだ勉強不足のため、他にこういうところも違う、またこういう足踏みミシンがお勧め(あまり機能の差はないと思うのですが・・・。)など、教えていただけたらと思いメールさせていただきました。
> よろしくお願いします。
  1. 2013/12/08(日) 10:29:43 |
  2. URL |
  3. ミシンくん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/12/08(日) 14:44:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ta-1での悩み

突然のメールで失礼致します。
譲り受けたta-1のミシンを快適に使おうと、日々メンテナンスにいそしんでおります。
ギアの上下の清掃、グリスアップ、各々の注油もしましたが、どうも回転が良くなりません。
何が原因か分からず、困っていた時に、御社のブログの「ギアには必ず遊びがありますので、釜、プーリー、針棒を手で軽く揺さぶるとギアの遊びが確認できて、どこの回転が重いかすぐに発見できます。」の文章を見つけました。
どれを揺さぶると、どのギアが重いのかを教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願いします!
  1. 2017/04/16(日) 22:39:50 |
  2. URL |
  3. 橋本浩臣 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ta-1での悩み

コメントありがとうございます。
上軸、縦軸、下軸それぞれのべベルギアの遊びのことです。
おそらく上軸と下軸をつないでいる縦軸だと思います。軸受2か所に注油してみてください。
下軸から縦軸までが軽いようでしたら、上軸と縦軸のべベルギアのバックラッシュのクリアランスを調整してください。上軸側のべベルギアを離すと軽くなるはずです。離しすぎるとギア鳴りしますので様子を見ながら調節してください。
またお困りのことがありましたらお気軽に連絡ください。


  1. 2017/04/17(月) 09:46:42 |
  2. URL |
  3. ミシンくん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mishinkun.blog.fc2.com/tb.php/17-c7117f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。