中国ミシンセンター|鳥取店 倉吉店 米子店 - ミシン修理ブログ -

中国ミシンセンターの日頃のミシンの修理を紹介いたします (^ω^)

Top Page > スポンサー広告 > ジューキ HZL-9900JUKI > JUKIコンピュータミシン > ジューキ HZL-9900

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジューキ HZL-9900

 こんにちは!温かくなりましたね。お店の近くも桜が満開です!ビールとか飲みたくなりますね!

 JUKIミシン、HZL-9900の修理を紹介します。症状は「針が折れて全然縫えない。」です (^○^)
hzl-9900_1.jpg
 今回紹介するジューキミシンHZL-9900は1991年式です。コンピュータ式自動糸調子ミシンで生地の厚さ、送り目に対して糸が繰り出される今ではほとんどない上糸制御が特徴です。横送り機能も搭載していて一回り大きい模様や、簡単な刺しゅうまでこなす大変優秀なミシンです (o^∇^o)

hzl-9900_2.jpghzl-9900_3.jpg 画像はミシンの裏側です。中心より少し下に四角いカバーがありますね!ここを取ると下軸プーリが確認できます。
 掛かっているベルトは上軸、下軸のタイミングベルトです。下軸プーリを良く見ると割れているのが確認できます。割れて隙間が空いているのでタイミングベルトが乗り上げてしまいますね。
 下軸プーリの割れでタイミングがずれてしまったのが今回の原因です。 (*^▽^*)


hzl-9900_4.jpg 最初に分解して掃除をします。下軸プーリは鉄の周りにプラスチックを溶かしこんだ構造で、気温による膨張率の違いとプラスチックの硬化で年数が経つと割れてしまいます。
 中古などで購入を考えられている方は最初に交換されているか確認しましょう \(^▽^)/





hzl-9900_5.jpghzl-9900_6.jpghzl-9900_7.jpghzl-9900_9.jpg

 下軸プーリの交換を説明していきますね!最初は正面のメイン基盤モータを外します。メイン基板の取り外しはコネクタをすべて抜き取り、プラスネジ5本で簡単に外すことができます。モータはプラスネジ2本です。
 右の画像はモータを外した後で、奥の方に下軸プーリが見えますね!
 この時点で配線を整理しましょう。本体に固定された配線バンドを切り取って、自分が分かりやすいようにまとめておきましょう (^^)

hzl-9900_8.jpg タイミングベルトのテンショナをテンショナ取付台ごと外します。
 同時に下軸プーリからタイミングベルトを外します (=^▽^=)






hzl-9900_10.jpghzl-9900_11.jpg ハズミ車側からの画像です。ナット2個外します。これは自動糸切りのメス切り外しリンクです。ここは組み立てる時のためにナットの位置に目印を付けておきましょう (^▽^)






hzl-9900_12.jpghzl-9900_13.jpg ミシンの底からの画像です。金色の土台をごっそり外すので、ミシン本体(ダイキャスト)に直接付いているネジだけを外しましょう (=´▽`=)






hzl-9900_14.jpghzl-9900_15.jpg 送りのリンクを外します。E型スナップリングを2個で止まっています。間にバネ座金が挟まっていますので失くさないように注意しましょう (^○^)






hzl-9900_16.jpghzl-9900_17.jpghzl-9900_18.jpghzl-9900_19.jpg
 土台が外れましたね!下軸は2カ所軸受で支えられています。最初に糸切り側から分解していきますね!
 糸切りの動メス、動メス台ガイド、動メスリンク(真中の画像ドライバーの先)のE型スナップリングを外します。
 下軸の上に送り台がありますのでミシン正面から送り台バネを外して送り台を持ち上げます。
 糸切り側の軸受が確認できます。ネジを取ると下軸玉軸受板が外れます (o^-^o)

hzl-9900_20.jpghzl-9900_21.jpghzl-9900_22.jpghzl-9900_23.jpg
 反対側の軸受は横送りの軸受送り調節器を外します。送り調節器は裏側から2本のネジで固定されています ('ー')

hzl-9900_24.jpghzl-9900_25.jpghzl-9900_26.jpghzl-9900_27.jpg
 糸切り側と同じく下軸玉軸受板を外します。下軸を持ち上げて本体から離します。下軸プーリは六角ネジ2本で固定されています。軸に六角ネジの痕があると交換しにくいですので、古い下軸プーリを抜いた後はヤスリで六角ネジの痕を削ってから新しい下軸プーリを取り付けましょう (^_^)

hzl-9900_28.jpg 交換した後は回転が重くないか指で回して確認しましょう。
 組み立ての注意点はメス切り外しリンク、配線作業です。メス切り外しリンクはタイミングベルトの内側に通っています。これを忘れるとまた土台を外さないといけなくなるので大変ですよ!
 配線は他の駆動部に接触しないようにオリジナル配線に挑戦してみましょう!ただメイン基板に届かなくならないように注意は必要です (^▽^)/



hzl-9900_29.jpghzl-9900_30.jpg ある程度組み立てたらタイミングを合わせましょう。下軸プーリのタイミングは簡単です。送り歯が上がっている時は針は上、送り歯が下がっている時は針は下、針が刺さった状態で生地を送ると針折れちゃいますよね (^◇^)





hzl-9900_31.jpghzl-9900_32.jpg 釜のタイミングも調節しましょう。電源を入れて針を一番左に寄せた状態(左基線)で調節します。右の画像は釜の固定ネジで、3か所止めてあります。タイミングはハズミ車を回して針が上がる時、釜の剣先が針と重なり合う場所で針穴の上1mmに合わせて、釜の剣先と針の隙間は0.05mm~0.1mmに合わせます (^ー^* )




hzl-9900_33.jpghzl-9900_34.jpghzl-9900_35.jpg
 最後に模様のバランスを取ります。ダーニングを模様選択して縫ってみましょう。斜めになる時は、正逆送りのツマミで調節しましょう。右の画像が調節後です。きれいな四角形になりましたね!
 返し縫いや模様がここのツマミの調節で安定します (^○^)

hzl-9900_37.jpghzl-9900_36.jpg
 試縫いをして完成です。模様もとてもきれいに縫えていますね!今回は下軸プーリの交換の紹介をさせていただきました!少し難しい修理ですのでやりがいがありましたね (=^▽^=)

 では、また (^▽^)/



中国ミシンセンターHPへ
スポンサーサイト
  1. 2012/04/15(日) 20:26:47|
  2. JUKIコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<ジャノメ CK1000(846型) | ホーム | ジャノメ 637(プレール10)>>

コメント

最近、このミシンを購入したものです。
こんなに詳しく書いてくださるなんて、
親切で優しい方ですね!
だけどやっぱり、緻密な作業で
専門家様にお任せするのが
一番ですね!
  1. 2014/03/23(日) 19:28:45 |
  2. URL |
  3. ○花○ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
私も専門店に任せるのが一番だと思います!
ミシンは使いたいときにすぐ使えないといけないものだと思っています。
お困りのことがありましたら、お気軽にいつでもご連絡ください。
  1. 2014/03/24(月) 10:23:19 |
  2. URL |
  3. ミシンくん #-
  4. [ 編集 ]

ジューキ HZL-9900 ギアわれ

横浜の岩田と申します。
かってなお願いですが
ちょっと教えていただけないでしょうか
ギアがわれてしまって自分で修理をしたいのでですが
前面のカバーが外れません。外し方をおしえていただけないでしょうか
  1. 2014/12/15(月) 15:40:10 |
  2. URL |
  3. 岩田 健二 #-
  4. [ 編集 ]

お尋ね

こんにちは。ミシン修理の検索でこちらに着ました。

JUKI HZL9900 (もしくはHZL1000)のメンテ及び下軸プーリーギアを交換するとおいくら位になるんでしょうか?

こちらのブログのミシンの修理代はどの位しましたか?

中国ミシンセンターのブログより、直接分かり易い記事だったので、こちらに質問させて頂きました。

個人出品されてる可動可(ややこしい)のミシンを購入して
整備に出すのが確実で良いかな?と思いまして、、、^_^;
  1. 2015/02/20(金) 12:54:28 |
  2. URL |
  3. マーシャ #-
  4. [ 編集 ]

Re: お尋ね

コメントありがとうございます。
修理代金は整備費、部品代込で25,000円戦後だったと思います。
交換部品は、下軸プーリー、上糸調子エンコーダ、針棒バネ、電源基板ダイオードなどです。
修理代はどこまで整備するかで変わってきます。
HZL-9900でしたら供給できない部品も増えてきていますので、部分的な修理ではなくしっかりと点検してもらった方が良いと思います。
今後部品がなくなることで対応できなくなるメーカーさんで修理されるよりも、長く補償を付けてもらえるお近くのミシン専門店で修理されることをお勧めします。
交換部品によりますが、安く直せば15,000円、全体的に整備すれば25,000円前後だと思います。


> こんにちは。ミシン修理の検索でこちらに着ました。
>
> JUKI HZL9900 (もしくはHZL1000)のメンテ及び下軸プーリーギアを交換するとおいくら位になるんでしょうか?
>
> こちらのブログのミシンの修理代はどの位しましたか?
>
> 中国ミシンセンターのブログより、直接分かり易い記事だったので、こちらに質問させて頂きました。
>
> 個人出品されてる可動可(ややこしい)のミシンを購入して
> 整備に出すのが確実で良いかな?と思いまして、、、^_^;
  1. 2015/02/20(金) 15:41:22 |
  2. URL |
  3. ミシンくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

早々と返信をありがとうございました。

大変参考になりました。
お陰様で方向性が見えました。

やはりミシン屋さんがカスタマイズ(というのでしょうか)
したものを購入した方が良さそうですね。
革専用に使用するので古いものにしようと思っていました。

地区的に、信頼出来るミシン屋さんがなさそうなので
高くても納得のいくものを選ぼうと思います。

本当にありがとうございました m(_ _)m
  1. 2015/02/20(金) 19:37:11 |
  2. URL |
  3. マーシャ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

どういたしまして役に立ててよかったです。
革の縫製をされたいとのことですが、一般的に革空き機(革を漉く機械)、厚物用総合送り平ベッドミシン、厚物用総合送りシリンダーベッドミシン、作品の修理用に八方ミシンが必要とされています。

趣味程度で作られる場合は家庭用ミシンの中では、かなり昔の直線専用ミシンで垂直半回転釜のミシンを選ばれると良いと思います。限界はありますが針は16番(革専用)まで、糸は30番まで縫えます。厚み、柔らかさにもよりますが大体3枚重ねまで縫えます。

HZL-9900は垂直全回転釜です。今の職業用ミシンでもそうですが革を縫うのにはあまり適してません。作成途中でマチ針の代わりに、のりを使いますので途中掃除が必要になります。垂直半回転釜は簡単に分解、メンテナンスがご自身でできます。さらに縫い締まりがとても良いので革や厚物に適したミシンだと思います。

家庭用ミシン針の革専用針は16番が最大です。糸は30番までです。この組み合わせで素材の厚み、硬さを気にせずに快適に縫えると思います。

またなにかありましたらお気軽にコメントください。

> こんにちは。
>
> 早々と返信をありがとうございました。
>
> 大変参考になりました。
> お陰様で方向性が見えました。
>
> やはりミシン屋さんがカスタマイズ(というのでしょうか)
> したものを購入した方が良さそうですね。
> 革専用に使用するので古いものにしようと思っていました。
>
> 地区的に、信頼出来るミシン屋さんがなさそうなので
> 高くても納得のいくものを選ぼうと思います。
>
> 本当にありがとうございました m(_ _)m
  1. 2015/02/20(金) 21:13:52 |
  2. URL |
  3. ミシンくん #-
  4. [ 編集 ]

フロントカバーの外し方

ジューキ HZL-9800・・・・埃だらけで永く使いたいので掃除したいのですが?

大阪河内長野の木下と申します。
ミシン修理プログ楽しみに読ませていただいています
誠に勝手なお願いですが、フロントパネルを外したいのですが!!!
何かコツがありそうでHZL-9800のプログ読み返しても外れません
外し方教えていただけないでしょうか ???

  1. 2015/08/22(土) 11:09:43 |
  2. URL |
  3. 木下 豊一 #-
  4. [ 編集 ]

Re: フロントカバーの外し方

木下 様

コメントありがとうございます!返信が遅くなりまして申し訳ございません。

フロントカバーの取り外しを紹介します。
1、全面カバー(ミシン頭部左側)を外します。
2、天秤カバー(全面カバーの右側)を外します。
3、最下部の天秤カバー取り付けネジの下のフロントカバー固定ネジを外します。

4、補助ベッド(フリーアーム時に開けるカバー)を開きフロントカバー固定ネジ、2本外します。
5、補助ベッドを開いた状態で右側面の模様バランスつまみと、模様バランスつまみの後部の丸いカバーを外します。

6、スタートストップボタンの下の、マイナスが切ってあるフロントカバー固定ボルトを外します。
7、糸切りレバー(押さえ上げレバー)を外します。

8、ミシンを仰向けに寝かせます。

9、付属品ケースを外します。
10、そのままミシンを寝かせた状態で、上部のフロントカバー固定ネジ、コードリール、下部カバーなどすべてのネジを外します。
11、はずみ車側のカバーを外します。ミシンの底から2ヶ所のネジと隠れた所に1ヶ所です。
12、はずみ車側カバーを外しフロントカバー固定ネジ2ヶ所外します。

13、フロントカバーを右側にずらす感じで外します。

以上がフロントカバーの外し方の方法です。フロントカバーを外した時のプリント配線を契らないように気をつけてくださいね!


> ジューキ HZL-9800・・・・埃だらけで永く使いたいので掃除したいのですが?
>
> 大阪河内長野の木下と申します。
> ミシン修理プログ楽しみに読ませていただいています
> 誠に勝手なお願いですが、フロントパネルを外したいのですが!!!
> 何かコツがありそうでHZL-9800のプログ読み返しても外れません
> 外し方教えていただけないでしょうか ???
  1. 2015/08/24(月) 13:10:02 |
  2. URL |
  3. ミシンくん #-
  4. [ 編集 ]

大型模様の不具合

HZL-9800の針棒位置バネと針棒ストッパー取替えついでに、
下軸プーリーにもヒビが入っていたのでネットにアップされていた手順でプーリーも取替え試し縫いしたところ基本模様全てキレイに縫えるのですが、大型模様縫いが訳の解らない形になってしまうのでダーニング模様調節を試みましたが何度やってもすべて右下がりで修正出来ません指定方向の逆に回したら少し変形しました。ステップモーターから送りリンクを外しフリーアーム部受け台上部の部品共々動かさずそっくり上部から抜き取ったつもりです。糸きり側は動メス組グループを外しメス駆動リンク組みはEリングのみ外し送り台を持ち上げ下軸玉軸受け板を外し、プーリー側は送り調節器組み、送り調節器軸受けを一体として外し下軸玉受け軸を外しました。その時送り調節器組みが少し動いていたのかなあと思っているしだいです。この不具合の原因に考えられることがあれば対処方法共々いくつか教えていただけないでしょうか。送り関係のタイミングズレかなーなんても思うのですが対処方法も解らず闇雲に分解も出来ないと思いこの不具合の原因情報を御願いするしだいです。ミシン店に持ち込んだ方が良いなどと言われるのは覚悟の上ですが私も以前機械工具などの修理に携わっていたものでその不具合の原因と対処方など出来るだけ自分でメカを理解して対応したいと思っているしだいです。元より最善を尽くしても駄目ならミシン店に持ち込む覚悟しています。以前にも目の前でミシン店で直してもらった事があります。でもこのミシン店ではプーリー交換はメーカーに依頼するとの事でした。還暦すぎてはじめて熱くなれるものに出会ったのがこのミシンなのです。ちなみにこの同機種をあと2台購入してしまいました。このミシンのメカに執りつかれています。急いではいませんが情報宜しくお願いします。



  1. 2015/12/16(水) 22:33:02 |
  2. URL |
  3. 鈴木盛恵 #-
  4. [ 編集 ]

メス切り外しリンクのナットの外し方

このページを参考にhzl9800の下軸プーリ交換をしています。ただ、「ハズミ車側からの画像です。ナット2個外します。これは自動糸切りのメス切り外しリンクです。ここは組み立てる時のためにナットの位置に目印を付けておきましょう (^▽^)」のところで、ナットが外れません。潤滑油をかけて緩むか試したのですが、上手く行きません。ナットが動かず、棒ごと回ってしまいます。何かコツはありますでしょうか?別の方法(ボビン側から外す??)、最悪の場合この棒(リンク?)を切ってしまっても大丈夫でしょうか?自動糸切りが出来なくなるだけでしょうか?

私は全くの素人で、別のミシンも持っているので、最悪処分でもいい覚悟でやっていますが、何とかうまく行けばいいなあと思っています。

よろしくお願いいたします。
  1. 2018/01/20(土) 20:16:49 |
  2. URL |
  3. 大谷ゆか #-
  4. [ 編集 ]

Re: メス切り外しリンクのナットの外し方

コメントありがとうございます。
ナットはダブルナットになっていますので、奥の黒いナットをスパナまたはペンチなどで固定した状態で手前の小さいナットを緩めてみてください。
修理がうまくいくといいですね。

> このページを参考にhzl9800の下軸プーリ交換をしています。ただ、「ハズミ車側からの画像です。ナット2個外します。これは自動糸切りのメス切り外しリンクです。ここは組み立てる時のためにナットの位置に目印を付けておきましょう (^▽^)」のところで、ナットが外れません。潤滑油をかけて緩むか試したのですが、上手く行きません。ナットが動かず、棒ごと回ってしまいます。何かコツはありますでしょうか?別の方法(ボビン側から外す??)、最悪の場合この棒(リンク?)を切ってしまっても大丈夫でしょうか?自動糸切りが出来なくなるだけでしょうか?
>
> 私は全くの素人で、別のミシンも持っているので、最悪処分でもいい覚悟でやっていますが、何とかうまく行けばいいなあと思っています。
>
> よろしくお願いいたします。
  1. 2018/01/20(土) 22:18:09 |
  2. URL |
  3. ミシンくん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mishinkun.blog.fc2.com/tb.php/40-060ef3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。