中国ミシンセンター|鳥取店 倉吉店 米子店 - ミシン修理ブログ -

中国ミシンセンターの日頃のミシンの修理を紹介いたします (^ω^)

Top Page > スポンサー広告 > ジャノメ 5002(メモリア5002)JANOME > JANOMEコンピュータミシン > ジャノメ 5002(メモリア5002)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャノメ 5002(メモリア5002)

 こんにちは!涼しい季節になりましたね。明日、鳥取の氷ノ山を登山します。今年の8月から山登りを初めました。仕事も大事ですが自然に一歩踏み入れると気分もすっきりしますね。今まで趣味はまったくなかったのですが他のブログを見ているうちに何かしよう、やってみようと思いました。趣味っていいですね (^▽^)

 今回はJANOMEミシンMODEL5002(メモリア)の修理を紹介します。症状は「電源は入るが動かない。」です。
 電源を入れると針棒が激しく左右に振って操作ができない状態です (=^▽^=)
5002_1.jpg5002_2.jpg
 紹介するジャノメメモリア5002は1981年式です。模様33種類を内蔵している多機能コンピュータミシンです。針の振り幅、送りはステッピングモータが制御していて、均等な送り、きれいな模様縫いが特徴です。釜は水平全回転釜で直線の縫い目もとてもきれいなミシンです。今のミシンにも負けない素晴らしいミシンです (^○^)







5002_3.jpg 分解して掃除をします (^▽^)







5002_4.jpg5002_5.jpg 「電源は入るが動かない。」の原因はフォトインタラプタの不良です。針の横振りのステッピングモータの動きを制御するフォトインタラプタは赤外線を使ってステッピングモータの遮断板で光を遮る位置で停止する仕組です。
 フォトインタラプタは画像右、ネジ2本で止まっている黒い四角の部品です (^-^)




5002_6.jpg5002_7.jpg5002_8.jpg
 ミシン前面のカバーのネジを取り外します。ミシン上部2本、プーリ(はずみ車)側2本で止まっています (^^)

5002_9.jpg5002_10.jpg 配線バンドを切り取り、配線コードを抜きます。組み立ての時のために新しい配線バンドを用意しましょう (^○^)






5002_11.jpg5002_12.jpg フォトインタラプタの基板の取付ネジを1本外します。
 基板をミシン後方に傾けてフォトインタラプタの取付ネジを2本取り外しましょう。ステッピングモータを取り外すのが本当ですが、この方法が一番楽ですね (^_^)




5002_13.jpg5002_14.jpg フォトインタラプタのはんだを溶かして部品に交換しましょう。熱に弱い部品なので必ず10秒以内にはんだしましょう。
 ミシンの純正部品は、NEC製のPS4007です。生産中止部品ですのでもう手に入りません。他のメーカーで代用できると思いますが、ただ今調査中です。分かりしだい書き加えますね (^○^)



5002_15.jpg5002_16.jpg
 試縫いをして完成です。縫い目もとてもきれいですね。古いミシンですがとても使いやすいですね。
 では、また (^▽^)/



中国ミシンセンターHPへ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/28(金) 18:53:28|
  2. JANOMEコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブラザー ZZ3-B830(コンパルU) | ホーム | ジャノメ 7301(センサークラフト7301)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mishinkun.blog.fc2.com/tb.php/46-baf9c661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。