FC2ブログ

中国ミシンセンター|鳥取店 倉吉店 米子店 - ミシン修理ブログ -

中国ミシンセンターの日頃のミシンの修理を紹介いたします (^ω^)

Top Page >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラザー ZZ3-B697(プロフィール)

 こんにちは!毎日とても暑いですね。熱中症に気を付けましょう (^○^)

 今回はブラザーZZ3-B697の修理を紹介します。症状は「バックしかしない。(常に返し縫いの状態)」です (^^)
zz3-b697_1.jpg
 紹介するbrother、ZZ3-B697(プロフィール)は1999年式です。ブラザーミシンの電子ミシンの中でも自動糸切りを搭載したとても珍しいミシンです。釜は水平全回転釜でボビンは9.2mm厚を使用します。機能は実用縫い15模様でとてもシンプルなミシンです。縫い目の安定の良く、電子ミシンならではの整備性の良さも魅力です (^_^)

zz3-b697_2.jpg 最初に分解して掃除をします (^○^)







zz3-b697_3.jpg バックしかしない。(常に返し縫いの状態)の原因は画像中心の送り調節器の軸サビつきです。 (o^-^o)






zz3-b697_4.jpgzz3-b697_5.jpg マイナスネジ1本と返し縫いレバー縦リンクのスナップリングを取って、返し縫いレバー横リンクを外します =^-^=






zz3-b697_6.jpgzz3-b697_7.jpg 模様カム群クラッチのバネを外しておきましょう。右の画像で1本、左の画像で2本ですね (=^▽^=)






zz3-b697_8.jpgzz3-b697_9.jpg テンションローラ(タイミングベルトのアイドラ)はミシンの後ろ8mmのボルトで固定されています。タイミングベルトを十分に緩めた状態でタイミングベルトを下軸ギアから外します (^▽^)/





zz3-b697_11.jpgzz3-b697_10.jpg 送り調節器のバネを取り外します。画像左の中心、四角穴の右上に付いているバネです (^^)

 送り調節器軸(ミシン本体側)の受け板をT20のトルクスネジ1本外します。



 
zz3-b697_12.jpgzz3-b697_13.jpg 最後に送り調節器と送り調節器リンクのスナップリングを外しましょう。







zz3-b697_14.jpgzz3-b697_15.jpg 送り調節台から送り調節軸を抜き取ります。今回の様にサビている時は卓上バイスの挟んで、軸にロールピンポンチ当ててハンマで叩き出しましょう。
 軸のサビは紙ヤスリ1000番で磨きました。相手側の送り調節器台も磨いておきましょう。
 磨いた後はミシン油を注して回転がスムーズか確認してみましょう。
 少し余分に削ると再発予防になりますよ (o^∇^o)ノ


zz3-b697_16.jpgzz3-b697_17.jpg 組み立ての時のタイミングベルトの調節は下軸ギア六角ネジ2本を緩めます。タイミングは直線左基線(左に寄った直線)を模様選択して、プーリ(はずみ車)を手前に回し、針が上がる時に釜の剣先が針穴上1mmに合わせましょう (^_^)




zz3-b697_18.jpgzz3-b697_7.jpg 右の画像は修理後、左の画像は修理前です。
 送り調節器リンクを画像中心で確認できます。修理前は送り調節器リンクが前に飛び出ていますね。これが返し縫いから戻らない状態です。
 送り調節リンクはダブルナットで長さを固定しています。ここの長さで返し縫い、ボタンホールの左右のバランスを取っています。ほんのわずかな長さの違いで模様、ボタンホールが乱れてしまいます。今回の修理はここのダブルナットを取らない方法で紹介しました (^○^)

zz3-b697_19.jpgzz3-b697_20.jpg
 試縫いをして完成です。返し縫いも縫い目もばっちりです。久しぶりに扱ったのですがブラザープロフィールは本当に良いミシンですね!
 では、また (^▽^)/



中国ミシンセンターHPへ
  1. 2012/07/21(土) 10:07:04|
  2. brother電子ミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラザー ZZ3-B893(テンディー7000)

 こんにちは!お陰さまでミシンの修理ブログは今月で1周年を迎える事が出来ました。購読して頂き本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします (^▽^)/

 ブラザーZZ3-B893(テンディー7000)の修理を紹介します。症状は「電源が入らない。」です ^-^
zz3-b893_1.jpg
 今回のブラザーミシンZZ3-B893は1990年式です。コンピュータ式自動糸調子で糸の繰出し量を一定に保ちとてもきれいな縫い目を実現しているミシンです。模様縫いも充実していて、中でも自動端縫いは布端から縫い目までを一定幅で自動で縫うことが出来ます。釜は厚みの薄い水平釜を採用していてボビンは9.2mm厚プラスチック製を使用します (^○^)

zz3-b893_2.jpg 分解して掃除をします。電源が入らない時は、まずコードリール(電源コード)の接触不良を疑いましょう。電源コードの付け根を揺らしたり、コードを揉んだりすると電源が一時的に入る場合は電源コードが原因なので交換が必要になります (^_^)







zz3-b893_3.jpgzz3-b893_4.jpg
 今回の「電源が入らない。」は電源基板の不良が原因です。ミシン正面の大きなメイン基板の裏にあるので、最初にメイン基板のコネクタを外し、固定しているネジを外しましょう ヽ(^◇^)/

zz3-b893_5.jpgzz3-b893_6.jpg
 画像の中央に電源基板が確認できます。モータはプラスネジ2本を緩めて取り外すと、電源基板を取り出せます (^^)

zz3-b893_7.jpgzz3-b893_8.jpgzz3-b893_9.jpg
 左の画像を見るとはんだが浮いているのが確認できます。ここはコードリールから直接電源基板にコネクタを接続する部分です。プリント配線も同時に浮いていることからコネクタの接続の時、力が掛かり過ぎて剥がれてしまったのが分かります。製造の段階か、又は修理ミスですね (=´▽`=)
 真中の画像は「はんだ吸い取りコード」です。はんだ鏝を同時に当てるとはんだを吸い取ってくれます。プラスチック製のコネクタやスイッチ系の部品は熱に特に弱いので「はんだ吸い取りコード」を使用しましょう (o^∇^o)

zz3-b893_10.jpgzz3-b893_11.jpgzz3-b893_12.jpg
 プリント配線からちぎれてしまっているのでコネクタの位置を少し変えることにしました。
 ドリルで穴を開けてエポキシ樹脂を少し削ります。
 コネクタの足2本を差し込みはんだで固定します。プラスチックのコネクタに熱が伝わるとコネクタが溶けてしまいますので3秒で勝負を付けましょう (^▽^)/
 基板の断線の修理は配線コードを使う修理が一般的です。機種が変わると修理の方法も変わりますので注意しましょう (^○^)

zz3-b893_13.jpgzz3-b893_14.jpg
 試縫いをして完成です。とてもきれいな縫い目ですね。これからも長く使ってほしいですね ^-^
 では、また (^▽^)/



中国ミシンセンターHPへ
  1. 2012/05/30(水) 18:22:23|
  2. brotherコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャノメ CK1000(846型)

 こんにちは!ゴールデンウィークももう少しで終わりですね!私は京都のるり渓温泉でバーベキューをしてきました。大自然に囲まれたアミューズメントパークでとっても癒されました!お勧めです ヽ(^◇^)/

 今回はJANOMEミシンCK1000の修理を紹介します。症状は「電源を入れるとエラーが出て動かない。」です (^▽^)
ck1000_1.jpg
 今回紹介するジャノメCK1000(846型)は2003年式です。職業用ミシンみたいな家庭用コンピュータミシンです。平らなベットはとても広くて大物などを縫うときはとても重宝します。ダイキャストのボディでとても頑丈です。現行でも販売されていて、ハードユーザまで愛用するとても人気のミシンです (^○^)

ck1000_2.jpgck1000_3.jpg
 電源を入れた時のエラー表示です。「BM init error」これは「針の横振りのステッピングモータの初期設定ができませんでした。」の意味です。コンピュータミシンは電源を入れるたびに送り、針の位置、模様など初期設定が自動的に行われます。電源を入れて初期設定の段階でのエラーですのでスタートボタンを押しても「安全のために停止しました」と動作不良のメッセージが表示されます。
 針棒の横振りの油切れ、基板の不良、針の横振りのステッピングモータ不良、この3点のどれかが原因です (^▽^)/

ck1000_4.jpg 最初に分解して掃除をします (^○^)







ck1000_5.jpgck1000_6.jpgck1000_7.jpg
 メイン基盤を外しますね。最初に全部コネクタを抜いて基板の取付ネジを外しましょう (・ェ・)

ck1000_8.jpg 基板を取り外したら、はんだの割れ、はんだの剥がれ、ゴミの咬みこみ、ヒューズ、コンデンサの膨らみ、異常な熱を持った場所がないか確認します ( →_→)






ck1000_9.jpgck1000_10.jpg ヒューズが切れているのが原因ですね。新しいヒューズに交換します。これで電源が入って動くようになりました。ステッピングモータは正常に動きエラーメッセージはなくなりました (^_^)






ck1000_11.jpg 最後に針棒付近に油を注しました (^^)
 お客様に状況を聞くと、「ジーパンの股の厚い所を縫っていたら急に動かなくなった」そうです。ミシンに無理な力が掛って疲労したヒューズが切れたのが原因と考えられます (=^▽^=)

 今回の修理は針の横振りのステッピングモータの不良、基板の不良でヒューズが切れた可能性はないと言い切れないのが頭を抱える所ですね (;´Д`A
 頻繁にミシンを使われるお客様なのでまた症状が出たら続きを紹介しますね (^○^)
 では、また (^▽^)/



中国ミシンセンターHPへ
  1. 2012/05/05(土) 17:56:55|
  2. JANOMEコンピュータミシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。